斧原功和 ブログ

私の作品や私からの表現や感想がのるページです。よろしく。

『流れを みつめる』と『静か』

 
斧原功和
2020年 / 日本 / 5分43秒
 
 撮影したのは、2019年(令和元年)11月29日の神戸です。
編集は、2020年の3月に行いました。
 
 布引の滝(雌滝から雄滝)
1900年にできた布引ダムと
登っていき、
後半 この作品はとても静かになります。
 
 今の世界を想い、
少し元気がでる作品にしました。
 
どうぞ。
 
 

 
静か
斧原功和
2020年 / 日本 / 3分35秒
 
 
 新幹線『新神戸駅』から六甲山方面への
ハイキング道の途中にある 布引貯水池 。
この貯水池には、さまざま野鳥たちが訪れます。
 
 2019年11月29日の時は、このような静謐な自然を
私は受けとり、
この日はもう暗くなってきてたので、
滝や駅のあった方へと 引き返しました。
 
 日をあらためて また訪れようとも思いました。
その先の方へも。
 

 

 

光 太陽 テングチョウ

 

 

『光 太陽 テングチョウ』

監督・撮影・編集:斧原功和

2020年 / 日本 / 7分23秒

 

 テングチョウが2020年1月 庭を訪れ、

しずかに向き合い 映像作品にしました。

 

 下唇(かしん)のヒゲが前方に長く飛び出しているので

テングチョウという名前になりました。

幼虫はエノキの葉を食べ 成虫は越冬します。

 

 様々な鳥たちのさえずりの中、

お日さまの方へ何度も翅を向け 体を暖めています。

 

今年もどうぞよろしくお願いします。

  

 

蝶と感じる まわりの世界

 

 

『蝶と感じる まわりの世界』

監督・撮影・編集:斧原功和

2019年 / 令和元年 / 日本 / 14分12秒

 

 2019年9月23日から10月14日まで

庭や公園で撮影を行いました。

 

 ムラサキシジミ、クロマダラソテツシジミ

ウラナミシジミヤマトシジミ

主にシジミチョウ(Lycaenidae)が登場します。

 

 10月13日は関西でも台風でした。

14日は近くの川の様子や木々を 上流から海辺まで見に行きました。

 

この作品は

まわりの音にも耳をすませて下さい。

 

では、また。 

 

そらをとぶまえに

 

 

そらをとぶまえに』

監督・撮影・編集:斧原功和

2019年 / 日本 / 6分12秒

 

 蝶たちの その時の生と姿。

 

 2017年頃から現在まで

庭や近所で出会えた蝶たちを

スマートフォンで。(リチウムイオン電池のおかげ。)

 

 そらをとぶまえに

蝶たち鱗翅目が

してること とは?

 

 

 

クロマダラソテツシジミと自然

 

 

『クロマダラソテツシジミと自然』

監督・撮影・編集:斧原功和

2019年 / 日本 / 2分5秒

 

 2019年9月22日に 庭で撮影した

クロマダラソテツシジミです。

 最初ウラナミシジミというシジミチョウかと思ってましたが、

インターネットで調べているうちに

珍しい蝶だとわかりました。

 この日は向き合っているうちに天気が変わり

雨が少し 降ってきました。

 

また会えると思います。

 

 

8月31日野菜の日に 個人的な思い出を兵庫県から

 2011年5月から 2014年7月までは、
西宮市甲東園にあった 生鮮食品販売店
オープニングスタッフの1人として、
明るく元気目に 
同僚の方々と協力して 働いておりました。
(そのお店の仕事は、障がい者求人に採用されてのお仕事でした。)
(わたし 斧原は、根菜の担当。皆で全部書いてたポップも懐かしいですよね。)
当時お世話になった方々や 
J-popが天井スピーカーから小音で流れつづける自由なるお店を
今も ときどき思い出したりします。
 閉店してしまったようだけど、
様々なことで ありがとうございました。