斧原功和の小さな憩い◇

映像作品を作ってる者です。

映像 ビデオ 作品

リトル アゲハチョウ サラウンド

『リトル アゲハチョウ サラウンド』 監督・撮影・編集:斧原功和 2019年 公開 アゲハチョウ達の 夏の生活をその環境世界とともに。 (休息、調べる、集団吸水行動、求愛…) 西宮にある自宅の庭や近くを流れる夙川、香櫨園周辺、 王子動物園と布引の滝のちょ…

ハンミョウの思い出

『ハンミョウの思い出』 監督・撮影・編集:斧原功和 2018年 公開 2017年7月26日に自宅の庭で撮影しました。

鳥たち 花たち そして……

『鳥たち 花たち そして……』 2006年 インターネットで公開した映像作品。 自然と向き合いながら 生きるということや 作品を作り続けることを私なりに。 監督・撮影・編集:斧原功和

孔雀と蝶 その生を見つめて

『孔雀と蝶 その生を見つめて』(2017年) 監督・撮影・編集:斧原功和 この作品の映像は、2016年秋の紅葉の頃から 2017年の梅雨頃(シロクジャクが )までに私が撮影したものです。 Panasonic製の小さなビデオカメラを2台と SONYのスマートフォンを1人で交…

心 体 ことば メディア COSMOS

アンロール アンロール 『アンロール アンロール』(2012年) 小さな ほどけ と 静かなバランスについて 色々思案し 向き合い 私も知ることに…… 月は2011年の 中秋の名月です。 蝶類 スローモーション 『蝶類 スローモーション』(2012年) 蝶類の飛行や振る…

テレプレゼンス

『テレプレゼンス』(1997年) 斧原功和 1996年~1997年にかけて作られた 私の最初の映像作品です。 夢は多層構造になっていると想像し、 そのテレプレゼンス現象の映像化を こころみた作品です。 これからも どうぞよろしくお願いします。

心 体 ことば メディア COSMOS

アンロール アンロール アンロール アンロール 小さな ほどけ と 静かなバランスについて 色々思案し 向き合い 私も知ることに…… 月は2011年の 中秋の名月です。 蝶類 スローモーション 蝶類 スローモーション 蝶類の飛行や振る舞いと スローモーションの不…

生きものたちに導かれて

『生きものたちに導かれて』 2012年、2013年、 庭で見つめた虫たちや 幼き頃から 地元兵庫にあった 王子動物園の動物たちや そのムード、 家の近く 流れる 夙川や海へ の小宇宙たちに 導かれできた作品。 どうもありがとうございました。 スローモーションの…

蝶類 スローモーション

蝶類 スローモーション 蝶類の飛行や振る舞いと スローモーションの不思議で さまざまな時をめぐるV (11月4日、伊丹市昆虫館で 撮影しました。ありがとう。)

アンロール アンロール

アンロール アンロール 小さな ほどけ と 静かなバランスについて 色々思案し 向き合い 私も知ることに…… 月は2011年の 中秋の名月です。

ウバタマムシ  遭遇

ウバタマムシ 遭遇 行ったり来たり ねこの通り道を この日はウバタマムシが 出会うのは何 (虫の時間 色の生成 鳥の声 生命現象)

庭 青鷺 蜂

庭 青鷺 蜂 相楽園で出会えたこと (相楽園 ツツジ クマバチ 境界)

使い

使い 小さな訪れ 向き合い 類推 そして

佇まい 漂い 探り 移動

佇まい 漂い 探り 移動 7月1日 私の知覚 偶然の遭遇 接近の (7月1日 アカサシガメ 移り 触角)

葉の色と

葉の色と 包むように 通ってゆく 何か (すず 紅葉 色々 入り口)

生きもの むすび 2008  四

生きもの むすび 2008 四 そっとうつしたり まわったり とまる おりた 地 で なにかまだひかり こえがひびき とき ながれ 日が降りるまで だれかとも 一緒での (生きもの ファーブル 琵琶湖 アオモンイトトンボ)

生きもの むすび 2008  三

生きもの むすび 2008 三 そっとうつしたり まわったり とまる おりた 地 で なにかまだひかり こえがひびき とき ながれ 日が降りるまで だれかとも 一緒での (生きもの ファーブル ナガメ モンシロチョウ)

生きもの むすび 2008  二

生きもの むすび 2008 二 そっとうつしたり まわったり とまる おりた 地 で なにかまだひかり こえがひびき とき ながれ 日が降りるまで だれかとも 一緒での (生きもの ファーブル 虫 三四郎池 とぶ)

生きもの むすび 2008  一

生きもの むすび 2008 一 そっとうつしたり まわったり とまる おりた 地 で なにかまだひかり こえがひびき とき ながれ 日が降りるまで だれかとも 一緒での (生きもの ファーブル 虫 三四郎池 クロアゲハ)

とびたち

とびたち みる しっかり食べ 飛ぶ 感じた こと 現実の相は どこに とも

シ ジ ミ

シ ジ ミ ヤマトシジミの求愛行動と夏 思い出

てんとう虫時間

てんとう虫時間 ナナホシテントウがいた日の まわりの様子 です。

草の穂の

草の穂の それぞれ そこに 生き 存在している 渦 光り いま 声と

てんとう虫時間

てんとう虫時間 ナナちゃんへ

秋にふれ

秋にふれ ひそやかな音たち まざりゆく営み ひかりまわる 星の 色の

しずけさの

しずけさの 小さな生物たちの 光り 姿 動き つながり めぐり 声

ひとみの

ひとみの 足で知る 背中でわたる 色がくる 羽や波つつむ 体ごと向き合う 動物から問われ も みる みる じかん ある日

あわさる世界

あわさる世界 本でよむこと とけていること てのひらのこと つづけるということ 8の月のこと 何かをうむということ

はつゆめ その前と後も大事

『はつゆめ その前と後も大事 』 2007年 ビル・ヴィオラーはつゆめ 展を見つめ 体感した 前後のわたし 海辺 思い出

4月6日の…

4月6日の… ほんのり ひかり いっしょ かける であう おきる とき じゅんかん きおく ほし こえ またね