心と創造 体 斧原功和

飛びかたも様々だな〜

書籍・雑誌

一月おいて 横尾忠則展 カット&ペースト

横尾忠則展 カット&ペースト 切った貼ったの大立ち回り へ 5月16日と7月19日に 行きました。 今回は ななめで助けられたり、 そのななめらせんで 実はみつめられたり 静けさを送られたりすることで、 意欲がアップしたり 救われることもあるということ…

ピピロッティ・リストさんの作品を こどもの日に

ツツジが咲いている よく晴れた こどもの日ピピロッティ・リストさんの作品《進化的トレーニング(堀川−−不安は消滅する)》を京都で鑑賞しました。幼少期を不思議と思い出すようなどこかなつかしい団地と部屋において、布団では、気持ちよさそうな表情をつ…

テレプレゼンス

『テレプレゼンス』(1997年) 斧原功和 1996年~1997年にかけて作られた 私の最初の映像作品です。 夢は多層構造になっていると想像し、 そのテレプレゼンス現象の映像化を こころみた作品です。 これからも どうぞよろしくお願いします。

心 体 ことば メディア COSMOS

アンロール アンロール アンロール アンロール 小さな ほどけ と 静かなバランスについて 色々思案し 向き合い 私も知ることに…… 月は2011年の 中秋の名月です。 蝶類 スローモーション 蝶類 スローモーション 蝶類の飛行や振る舞いと スローモーションの不…

蝶類 スローモーション

蝶類 スローモーション 蝶類の飛行や振る舞いと スローモーションの不思議で さまざまな時をめぐるV (11月4日、伊丹市昆虫館で 撮影しました。ありがとう。)

おおかみこどもの雨と雪

おおかみこどもの雨と雪7月24日に 観てからちいさな ループ感じる 反復的な何か 技術を身につけて 身につけつつ仕事や必要な本 勉強するを インターから求め私に欠けている大事な何か 誰かを 求め てある時 ひとは 時に 不思議な生者 も都会へと すっと出て…

アンロール アンロール

アンロール アンロール 小さな ほどけ と 静かなバランスについて 色々思案し 向き合い 私も知ることに…… 月は2011年の 中秋の名月です。

アリス・イン・ワンダーランドを早朝に

アリス・イン・ワンダーランド アリス インワンダーランド がさごそと大っきな夢本に家具 食器 紅茶 帽子幾多の層を落ちてゆく 丈夫な胃で 飲みもする自分の目とからだ 腕や傷から 判断できること できないことただそれは導いてくれる道具や転生により変わり…

上田早夕里さんを読んで

まえから書店やWEBの探索で気になっていた上田早夕里さんのSF短編を2作つづけて読んでみました。 年刊日本SF傑作選『結晶銀河』のなかの『完全なる脳髄』と 書き下ろし日本SFコレクション『NOVA5』のなかの『ナイト・ブルーの記憶』です。休みの日 阪急電…

モールス

暗さと明るさのそばハリー・ポッターが満員だったので『モールス』へとカメラや時代を変えてみるモールス静かで しかし激しくもある孤独な魂と魂がふれあう詩情あふれる 聞こえるムービーこのような所から閉じているのか開いているのかわからない人や街、部…

ドア

長らく更新せず申し訳ございませんでした。 これから再び ちょくちょく映画やTV ヴィデオ SFのこと ワークのこと これまでのこと生きものや生活環境 アート虫や詩 音楽のことなどで更新や 記録/記憶していこうと思います。 よろしくお願いします。 では。

映画 旅 しゃがむ ころがる 動き回って

無のゆらぎ 見えないから見えるへの転がり そよ風 さざ波が 湖の出現自らの持ち得た 持ちつつある 知識や精神 こだわりをうまく舟や社会と きり結ぶことができずにいて 停滞 動けなくなってしまっている 星スター 居合わせたものたちの 物語そしてそこからの…

ウバタマムシ  遭遇

ウバタマムシ 遭遇 行ったり来たり ねこの通り道を この日はウバタマムシが 出会うのは何 (虫の時間 色の生成 鳥の声 生命現象)

テントウムシと春へ

昼の間緑のなかの日だまり太陽をあびている様子以外はただひたすら動き回っているテントウムシ上がったり下がったり潜ったり また出てきたり似たような動きしてるアリたちと遭遇したり仲間のテントウムシとも接近することも飛行へ も 瞬間的で鮮やかな余韻し…

流れ 道 蝶の道に触れ 浮上したこと

羽をその時の風 生なる息吹の なかでゆらめ かせ 突然あらわれたか と思うと私たちの目 喜ばせ 奏で記憶の色おとし 脳もまぜまた はばたいて ゆく小さく その時だけ 今 あらわれる渦 つらなり 色 光一枚の後ろ羽の振る舞い だけでもカオスにして コスモスな…

使い

使い 小さな訪れ 向き合い 類推 そして

佇まい 漂い 探り 移動

佇まい 漂い 探り 移動 7月1日 私の知覚 偶然の遭遇 接近の (7月1日 アカサシガメ 移り 触角)

アクロス・ザ・ユニバース

あの時の このことは伝えときたい伝えないと が こもりつつ 結晶化し華ひらきも している 映画 劇ではないか。それぞれの それぞれなりの 歩みや 懸命 決意の時視線 風 ふれあい 心配 すべて まぶしくもあり現代の生々しさで静かに 痛切でもある。音楽にヴィ…

ルー・リード/ベルリン

ベルリン ゆるやかにして 美しくも定まったりはしないけれど しかし あるとき焦点があうかのような 心 フレーズそのつらなり そのきふく その酔い心ある者は 心くじけないとも泥のなかからの ふとの ある時だけの光りある言葉 ただ その光はうすかったりすぐ…

生きもの むすび 2008  四

生きもの むすび 2008 四 そっとうつしたり まわったり とまる おりた 地 で なにかまだひかり こえがひびき とき ながれ 日が降りるまで だれかとも 一緒での (生きもの ファーブル 琵琶湖 アオモンイトトンボ)

生きもの むすび 2008  三

生きもの むすび 2008 三 そっとうつしたり まわったり とまる おりた 地 で なにかまだひかり こえがひびき とき ながれ 日が降りるまで だれかとも 一緒での (生きもの ファーブル ナガメ モンシロチョウ)

生きもの むすび 2008  二

生きもの むすび 2008 二 そっとうつしたり まわったり とまる おりた 地 で なにかまだひかり こえがひびき とき ながれ 日が降りるまで だれかとも 一緒での (生きもの ファーブル 虫 三四郎池 とぶ)

生きもの むすび 2008  一

生きもの むすび 2008 一 そっとうつしたり まわったり とまる おりた 地 で なにかまだひかり こえがひびき とき ながれ 日が降りるまで だれかとも 一緒での (生きもの ファーブル 虫 三四郎池 クロアゲハ)

とびたち

とびたち みる しっかり食べ 飛ぶ 感じた こと 現実の相は どこに とも

シ ジ ミ

シ ジ ミ 求愛行動 ヤマトシジミ 時 おくり ターバン

昆虫 4億年の旅 のなかで ひっついて

昆虫 4億年の旅 のなかで ひっついて 素敵な展覧会 ありがとうございました今森さんはよく昆虫の顔を真正面から そっと見つめ 撮られていますがそのような写真が並んだ あいま をぶらりぶらり あるいは しゃがんだり うかがったり 子どもの視座でも見る 見…

冒 険 王 ・ 横 尾 忠 則 ☆ 生 命 力 が い っ ぱ い

冒 険 王 ・ 横 尾 忠 則 ☆ 生 命 力 が い っ ぱ いY字路なにか音がよく響きそうな美術館をのぼってゆきその時に居合わせた どこかユニークな方々と一緒に 冒険のなかへといきなりY字路の絵が浮ぶようでもあり どこかでふっと会ったことがあるようでも絵を…

草の穂の

草の穂の それぞれ そこに 生き 存在している 渦 光り いま 声と

08/6/27 ルノワール ルノワール 朝 踊り場から 想い はじめ……

08/6/27 ルノワール ルノワール 朝 踊り場から 想い はじめ……親密さ 息 ひたむきさ ルノワールの描こうとする世界 世界では屋外へ出ることのスリル 絵画たちが モデルが そら 日に向かいてその時だけの不可思議な 波 風 向き 何かを感じる ときガブリエルと…

液晶絵画の旅 旅の間で

つま先までの 心 の 周囲との落ちつき の あ とえいやーっと飛びあがり空中で丸まったカラダ 渦 がその色あいもあいまって 脳のカタチに 見え るる形をなすパンセ思考思考する形式フォルムフォルムが思考を生存の曲線 丸い言葉フィルム 線路 ゆれ 疾走する …