斧原功和の小さな憩い◇

映像作品を作ってる者です。

の の

五時台にはいり
明るくなってゆくころ
鳥たちのこえ さまざま
はじめてきくような 小さな声も感じる
ピヨピピピー ピヨピピピーというフシギな触れも
何度も 何度も そっと そっと 空気へ


布団
ほおが熱っぽい目覚め

新聞 小林信彦さんの 植木等さんの記事をよむ


午前中 ふと DAVID2004'S WEBSITEのほうのDiary よみかえす
忘れていることや 心と体の調整 循環 そのころや 波を

昼食おにぎり
すこし停止
また立ち上げ かすかでも前へ 


外へ の 時間

ミニDVカセット コジマで
その揺れ 瞳 つながり そのsecondはー
まず作品そして  なら…… ての あしの 生まれた。の の


夕方 健康の 静かな充電なwalk そのときの気持ちと ひれ
 図書館のあるとこへ 2館 コンステラティオ
全身を意識しながら しかし
ゆっくり静かに 歩く
 あっちから 一歩一歩 足 ノーマルにぬくように かわる空と

途上 
 芦屋 古本屋さん 新書『エコシフト』を 巻貝のよう 深海まで 
オーシャニーアー 声 ひびいてくる くるルールル すがた

 久しぶりに来た分館では
あらかじめ調べておいた本の確認と
 海に落とした名前らを 聴くように しばらく 椅子と 体で


また街路へ 点滅する光 と 大きな目 いまむかし 子供たち 元気


月と雲のためか
 まだうすやみ
  暗くも 明るくもない よ
 木によって まばらに咲く 桜が
歩きながら 浮ぶ 下から上 つぎ つぎ
  みちの みちで そのときの 体 ふくらはぎ で


夕食

プラネットアース 第11集
青い砂漠 外洋と深海
 現実とは思えないような
イメージや光のすじ しぶきら
 連続する 
   ものすごい まと め
静かに見とれる ただ ただ その その汗 も


若田さん宇宙ステーション 長期滞在へ を語る NHK で
3度目の宇宙飛行 今回は3ヶ月 きぼう へ
長い間いってないと できないような実験など を
楽しみな食事 や お母さんも心配してた 無重力でよわる筋肉の話し
 また月 そして往復2年かかる火星の おそらく……の
子どもたちへは 
しっかり目標もって 努力すれば 
どんなことでも 実現できると いつもの明るさで


ジュークボックス英会話 クイーンで その間で
感情 全身 考え 色 秘密 パッション
つくりだす つくりだす時間 まきもどす時間 あのラインを 水あび 象
すきま くいちがって できる 未来の ジュークから また 次の …で


では また

そっと ピヨピピピー ピヨピピピー な あさ に