心と創造 体 斧原功和

飛びかたも様々だな〜

ふと  ゆっくりー あわせてー

07/4/16

日がしずみ

BECK
のことを
ライナーノーツをよんだり
ことこと かんがえるーの とき


おいしい
ちらし寿司を いただく
さまざまな味が 次から次へ 山に 海
こういうのが食べれるのは 日本だけかな とも ふと とまる て

あらためて感謝し いただく 卵や海苔らのつくる メビウスの どれも


二階
床にすわってムムム
1曲目だけよく音飛びする
ちょっと壊れかけ?  Discman ESP で
Guero や THE INFORMATION あらためてー まわる
なんかー まざるようなー パフォーマンスの とびいしー も

その間
ザ・インフォメーション に封入してた
宝くじステッカー ぺたぺた 子どもの頃の箪笥 思い出したように
コラージュや本人のこと あれこれ飛ばしたり
今の世のこと 今朝ひらいたー ネアンデルタール人のこと
どこかのすきまから ぬけてくる感じ でー 
ときどき ああーいい曲だなー と 足 じゃなかった指 止めながらー



 やさしく やわらかく ふいてくるのは
    先史学者でデッサン画家でもあった 
 アンリ・ブルィユさんの
  絵のようにつづく 彼らで 私たちの 生活も か

 あったであろうことも 
          いまのふれも 
  これからあるであろうことも
           クジラのような カラダや脳で
                     運ばれてくるのかしら

 また長い旅の はじまりの 波が 
             笑顔 や  さよなら と
         上や下への 
      循環のなかでも

   enoさんのUnderという曲のよう 
ぬかれてくる
  やさしい声 とー ともにー  またー たー



時間はどこかで下車

 また海か


なんか全部ー
  つまってるんだけど
 どこか さびしさが
   唄や
  絵で
    ゆれてくる
        かんじ


行ってー

また

戻ってー

また