つづく心

飛びかたも様々だな〜

マゴリアムおじさんの 不思議な おもちゃ屋さんを 訪れてから

マゴリアムおじさんの 不思議な おもちゃ屋さんを 訪れてから


2月29日  マゴリアムおじさんの
        不思議な おもちゃ屋


アメリカ版の予告編をひらいたときから期待していた映画
 ユニークな出演作がこのところ続いている
ダスティン・ホフマンさんは
 東京にも今年来られたらしいけど またはじけてて 暖かくも いい感じ
ナタリー・ポートマンさんの 一緒に な 笑顔や 
見てたら楽しくなってくる カラフル重ね着 も 
 おもちゃ屋や音楽の街の 過去☆現在☆未来 とめぐる感じで 
  あなたは行きたくなる訪れたくなるの これもまた マジックね

監督 ザック・ヘルムさんは 
去年公開された 『主人公は僕だった』 の脚本を書いたかた
両方の 現代映画で 彼は 
 部屋でどうも行き詰まってしまう作家の表情に そっと ふれても ゆく

  気持ちもふくめ もっとなにかよく と 向きあうも
 しずけさのなか 手はとまりだし 目は 宙
 ため息がつい でてしまう とき 表情  ふるまい 背景 物や色の 響き らを

それぞれちがうけれど
もとのわたしを取りもどす いや 別の段階へと のぼるには
 なにが どんなパトス どんなアクション 出会い 賭け が いるのだろうかを

 ミュータントと よばれるような 息吹や コンピューターのなみ とも
   かんたんにその積まれてきた 想いや ヤッターな達成 アーカイヴを 
 捨ててしまったり 向き合うことをやめたりせず
  そもそも どういうきっかけからとも 静かに ワクワクもおこし まじわりながらで…

それぞれ よちよち からでも ちょっとずつ 一声 一声
演劇を 小さな街でも じぶんらで ストーリーを と
 素敵な帽子だ! 友だちと 芝居だ! 行けるとこまで まだ知らない 広がり と と


ギギ チャチャチャ チャーン
何か音とともに
ひらかれる扉 思い出 トト トトトト トトトー

だきかえしてくれる ぬいぐるみ
大きな本から 魔法 驚き パフォーマンスも
靴の変化 感じとることも なるほど と
なぞだらけの 地下にくらす伝記作家も?

どのおもちゃのとなりには どのおもちゃでーで
示される
マゴリアムおじさん243歳 の 人となり POP


小さな工夫の トライの
連続が 宝石が
観終わった後もつづく
パスまわしを
脳や
体のあちこち
でー か も よ


飛びつづける 紙飛行機がつなぐ
ジュアーブル グル グル グル
ピピロッティさんで のぞいた 密やかなスペースが
 おじさんの
不思議な おもちゃ屋の
精神や存在と溶け合わされ
オルゴールが静かに響く
星に 生きることに 自然 色 それからのことも


何か
何かをつかむのは
どういう時
思い出すのは
その ぬくもり とは
どこ から


ありがとう
また来ます
Jasper も Thank you!
Just Believe! トリスカデカフォビア ひゅううピヨ ピヨ