心と創造 体 斧原功和

飛びかたも様々だな〜

昆虫 4億年の旅 のなかで ひっついて

昆虫 4億年の旅 のなかで ひっついて


素敵な展覧会 ありがとうございました

今森さんはよく昆虫の顔を
真正面から そっと見つめ 撮られていますが

そのような写真が並んだ あいま を
ぶらりぶらり あるいは しゃがんだり うかがったり 子どもの視座でも
見る 見つめ 触れて いると

なにか ささやき声で話すような
まどろみの中へと 一度 入っていくことになり
そこから人は 静かに甦ってゆく これるような効果 が

今森さんの そして 昆虫 4億年の旅には
あるのではないかと思いました。



写真や昆虫の名前とともに
一行だけ書かれていた文がまた 気持ちをよくし
会場を訪れた親子や兄弟 姉妹 おじいさん おばあさんの
会話が弾み、
そこに新たに 小さな私を流れる気が まきこまれたりして
喜ばしい時間の渦が 現出、
バッタのひげのよう どこまでも その時間はすすんでいくのかも……


どうも本当にありがとうございました。訪れてとてもよかったです。
東京都写真美術館もありがとうございました。