心と創造 体 斧原功和

飛びかたも様々だな〜

ルー・リード/ベルリン

ベルリン ゆるやかにして 美しくも
定まったりはしないけれど しかし あるとき
焦点があうかのような 心 フレーズ
そのつらなり そのきふく その酔い

心ある者は 心くじけないとも
泥のなかからの ふとの ある時だけの
光りある言葉 ただ その光はうすかったり
すぐさま うつりかわり や 飲まれ も
通りで ロックバンドで ある女王で

歌うよう語り出し 力こえ話しながら 歌い続けてく うなり
さまざまな声に見方 羽根
笑いをなげかけてくる者もいるかも
それでも続ける 境か
音楽がリフが生々しい傷を包んでいく 夜 静かな刻み 舞い も
普段 何を どう 話してるかと 私 問われてくる ことも
手ぶりがふわり振られ
集中 落ち着きもし
ルー・リードさんの向き合い方 学ぶ 
映画 コンサート オペラ 人づきあい 愛とも