斧原功和のブログ

飛ぶ方法も色々 蝶のよう エレメントをぬう時の…

おおかみこどもの雨と雪

おおかみこどもの雨と雪

7月24日に 観てから

ちいさな 
ループ感じる 反復的な
何か 技術を身につけて 身につけつつ
仕事や必要な本 勉強するを インターから求め
私に欠けている大事な何か 誰かを 求め て
ある時 ひとは 時に 不思議な生者 も
都会へと すっと出てくる

かげ
ひっそりと
光りにまぎれながら
食事をちゃんととりながら
入れ替わり
笑顔で時を感じ
いっしょに
歩いたり駆けながら
待ちながら
結ばれながら
ミュージック
声と声で包まれながら

別れ
託されて
また笑顔で健気 大抵をのりこえ
都市も離れる決意
母と父の小さな花々が咲き ずっと続くだろう美しい遭遇場や
想いや声 伝わり甦る 写真
ただ源 もとに
田舎へザブン
昆虫たちブンブンの
野山かこまれた 大自然
そこでの
雨にとって 最初ちょっと不安で
雪にとって とてもヤッホーであった 生活や毎日 暮らしは
花にとっても ひっそりと成長し とは また大きく違うこと わかり
育てるための さまざまな知恵と 広いスペースや畑と 服と
ご近所の方々との交流や助け合いさ 大事であり
こは ははは
自分の世界を見つけるまでや
その先まで
走り
乗り越えたり
新たな忘れられない体験をしたり
ひとつひとつ向き合ったり
おまじない で 抑えたり効かなかったり
先生や主に出会ったり
ケンカしたり
深くわかり合ったり
そしてつづく つづく 笑顔と 生命

ただじゅんすいに
駆け回った
思い出
その成長 じぶんなりの拡大
わからないことはまだまだたくさんある
その一つとのコクトー的な
気高く美しき ある瞬間の遭遇
静かにただ伝えたい 語り 物語の芽
これからも色々あるだろうけれど
何か乗り越えたり 先へ行けそうな
度量 スタンス
風 息吹
自然現象といつもシンクロしての 何か
長さをくりかえす
しっかり生きていくために

野で暮らしてきた
自由と往還
不確定性をも 笑顔で駆け抜け
形を編み 打ち上げ 浮かべ
しずかに歌い続ける
それぞれの主体 生きながら
必要な道具もって

誰もが
よびさまされる
幼少期や決意したとき
失敗やトライもつづけながら
単純なとこから 最初つくることや生活
知恵や気づき
あらゆるとっこからギフトされ
支えられ
自らもささやかに試みつづけながら
今日も
未来も

どうも

ありがとう