斧原功和のブログ

飛ぶ方法も色々 蝶のよう エレメントをぬう時の…

一月おいて 横尾忠則展 カット&ペースト

横尾忠則展 カット&ペースト

切った貼ったの大立ち回り へ

5月16日と7月19日に

行きました。

 

今回は

ななめで助けられたり、

そのななめらせんで

実はみつめられたり

静けさを送られたりすることで、

意欲がアップしたり

救われることもあるということをまず

わたし学びました。

 

《人生は偶然の巡り合わせで満たされている》

《致命的な危機が、全く新しい人生の舞台へと私を導いた》

《夕刻より来たりて》

《舗道をそれて、さあ出発だ!》

《あなたは善意の人ですか?》

《ペインティングの証明はペインティングにあり》

 ‥‥

 

籠のようでも、蝶や動物の模様のようでもある

チェンジ起こり 縦横にゆらぐ 眩暈ありのなかで

ななめからもあること 忘れないこと

ばってんの美 千年伝説 メッセージ送られることあるの 忘れないこと

というか‥‥

 

 

それから

 

さまざまな場所での

瀧のおと サウンドが からだとおし 聞こえてくる

90年91年ごろの 絵からは、

大小から自由になり

輪郭うっすら またハッキリとも残し つつ

自然環境へ 静かに ライブもしていく感じが、

どれも気持ちよく

創作躍動感をも

いつも得ること私できます。

 

ありがとうございます。

 

《悠久の愛》

 

《すでに真理の探求はこの時から始まっていた》

《集合と分散ーその力の働き》

《四季の女神》

《芸術の浄化》

《沈黙の瀧》

 

《溶解変化》

 ‥‥

 

 

デュシャンピアン》2010ー2013とは、また会いたい‥‥

 

 

上から下へ

上から下へ だけでなく

渦や楕円 円盤 刀の振りももちいて、

横尾さん流 循環が 一つ一つ一箱一箱から感じられる

3階 テクナメーション作品は、

 

そのあかり世界 不思議さも あいまって

いつまでも

見ていたく なってくる作品でした。

 

《未来からの伝言》

ニギハヤヒと鶴》

アニミズム境》

《千年伝説》

《地の鼓動》

《消された記憶》

 

《天使光線》

 ‥‥

 

《2つの大陸》は

時代を大地を

知りあいたちと

進んでいく ような

好きなコラージュです。

その色の感じも

声が聞こえ

喜ぶ息も伝わってくる雰囲気も‥‥

 

 

横尾忠則現代美術館は

訪れるたびに

驚かされ 元気にもなるとともに、

今や その時代のこと 未来のことも

感じ、考えることに なると思います。

 

 

ありがとうございます。

 

横尾忠則さん

 

横尾忠則現代美術館の方々