斧原功和のブログ

飛ぶ方法も色々 蝶のよう エレメントをぬう時の…

ムクムク ムクムク

ちょうちょや上下ウゴウゴしてる虫たち
クマやウサギといった動物や毛むくじゃら
そのぬいぐるみたちも、

みたり 見つめあうだけで
長ーく触れあうことができるだけで
物語がでてきてしまう引っぱられもする
フシギある。

たとえそれら純粋な生きもの活きものらと
確認できるぐらい そばにいれない時も
 今ごろ仲間つくって大冒険してるんだろうな とか
次々直面する危機一髪も
彼彼女らなら乗り越えていけるはずだと
ラストシーンを飛びこえ 想像し
確信してみたりもする。

ここにいる私は私たちは、
私は私たちで、
 目の前のこと なんとか純粋に向き合い
一生懸命 or 一所懸命
静かにも 動的にも
失敗あっても
がんばろうとしながら
そう
やさしい心、やわらかい心は
失わないよう注意しながら
次へと進まんとする。

うまくいきますように
うまくいけばいいんだけど

物語や会話 飛びながら運ぶ
蝶たちのように、
お日さまの下で開いて
何を どんな色 読んでもらえるんだろうか。
なに観せられるだろう。

風にも当然左右されるけど
期待もまだまだ大きい
小さな輝きたち
やわらかいループ 今日もえがいてた。

見つめている。
一緒にいてくれている。
いつまでも
どこ いても